|スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 |女性ホルモンを増やすフード☆続篇

「女性ホルモンを増やすフード」続篇。
前回「大豆または大豆製品」の記事をUPしましたよね。
大豆に引き続き、意識して食べたい食品をUPしまーす。


『生理不順や更年期障害』に効果的な食品
・ゴマ
・小麦
・えんどう豆 など


『ホルモン分泌を助けるビタミンEの食品』
・アーモンド
・かぼちゃ
・アボガド など


『女性ホルモンの分泌を高める効果(バスとアップ効果も)』
・キャベツ
・りんご
・ぶどう
・とろろ昆布
・ピーナツ  など


『エストロゲンの代謝に必要なビタミンB6を含む食品』
・マグロの赤身
・バナナ   など



女性ホルモンに良いといわれる食品だけでもこんなに在るんだから
満遍なくいろいろな食品を食べることが、
美容にもつながるってコトが分かってきましたよね。

後は、不必要となった活性酸素をルイボスプラスで除去していけば
美容と健康は手に入るものなのかも知れないですね。

てぃ&ぷらす グラスwps_clip_image-23244







スポンサーサイト

 |女性ホルモンを増やすフード☆

ホルモンは、ビタミンやミネラルなどと違って、
体内のある細胞でしか作られない成分なんですよね。
だから、残念な事に食事からはほとんど摂取することが出来ないのです・・・。

ところが!!
ホルモンの中の「エストロゲン」と似た働きをする「植物エストロゲン」
この「植物エストロゲン」と呼ばれる成分を含んだ食材はあるんですよね。

それが!!「大豆」

大豆をはじめ、大豆製品の納豆、豆腐などは大豆自体にイソフラボンという
成分がたくさん含まれていますね。
「イソフラボン」は代表的な「女性ホルモンに似た働き」をする成分である事は
みなさんご存知ですよね。
大豆の栄養素は「骨粗鬆症」や「動脈硬化予防」を果たす役割があるとも
言われている事もご存知ですよね。



☆☆☆ ココでクイズです!! ☆☆☆

出来ることなら毎日食べたい大豆や大豆製品。
1日の大豆イソフラボンの摂取量の目安はどれくらいでしょう~。

大豆 mig

答えは!!
「50mg程度なんですぅ~。」
豆腐なら半丁、きな粉は大さじ約3杯、豆乳では1カップが大体の目安量です。
この量を知れば、なんだか続けて食べれそうな気がしませんか?
日々の食事にとりいれて、女性ホルモンUPに期待です。




ちなみに、サプリメントのルイボスプラスにももちろん大豆は含まれているんですよ。
生活の中にルイボスプラスを取り入れて、より健康で元気な毎日をすごしませんか?

ぷらすぐらすwps_clip_image-23133

 |携帯電話によるカラダへの影響

すご~く便利な携帯電話。スマフォl_05


でも、携帯電話から出ている電磁波が私たちのカラダに

悪影響を及ぼしているコトは知ってますか?

携帯電話は、脳にイチバン近い耳に宛てて話をすることが

電磁波によるカラダへの影響が心配させているのです。



電磁波は、活性酸素を発生させる要因の一つである!といわれています。

「10年以上携帯電話を使い続けると、脳の病気の確立が2倍になる!」

というデータを或る国の脳神経外科の先生が出してるみたいです。

携帯material_68_2



それぐらい電磁波はカラダ悪影響を及ぼしているみたいですよ。

もちろん、携帯電話だけではなくどの家庭にでもある

「電子レンジ、テレビ、パソコン、ホットカーペット、電気毛布・・・など」

これらも電磁波をだしている家電です。



プロフィール

エルバランシア

Author:エルバランシア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。